« さよなら20代 | トップページ | おわら風の盆臨撮影記・2と大糸線撮影記 »

2008年12月18日 (木)

おわら風の盆臨撮影記・1

 越中おわら風の盆といえば有名な盆踊りですが、気動車ファンからすれば各地から気動車を集めて観光客を輸送する高山本線が、相当熱い路線に変貌します。

 私もかれこれ、何回か行けなかったこともありますが、10年以上通っています。今年はキハ58系が最後っぽいので、無理して行ってきました。

Dsc_1222_01

2008.9.3 高山本線笹津~楡原間 843D(後追い)

 いつも通り、安房トンネル経由、廃線となった神岡鉄道の脇を通ってくると、直ぐのお手軽なポイントがここです。キハ120系には変化がないと思っていたのですが、ラッピング車が登場したようですね。毎年全く同じことがなく、飽きさせません。

Dsc_1229_01

2008.9.3 高山本線笹津~楡原間 840D

 笹津交換で高岡色のキハ58系2連が来ました。キハ58系は、富山口高山本線の社会試行として増発を行っているため車両不足を補うため使用されているもので、この高山色2両と国鉄色2両の、合計4両が使用されています。普段は越中八尾までの運用しか入らないのですが、キハ120系増結の関係からキハ120系の運用に入り、越中八尾以北に入線する貴重な機会となりました。

Dsc_1234_01

2008.9.3 高山本線東八尾~笹津間 847D

 先ほどのキハ58系が、猪谷交換でキハ120系の4連がやってくるのでロケハンついでに撮影しました。ラッピング車が1両組み込まれていますが、先ほどのとは異なり、窓にスモークが貼られているようです。

Dsc_1236_01

2008.9.3 高山本線東八尾~笹津間 847D(後追い)

 後追いです。これで大体の立ち位置がお判りでしょうか。

Dsc_1246_01

2008.9.3 高山本線千里~越中八尾間 846D

 今回のおわら臨の特徴は、どうしても運用本数が足りなくなって、朝の運用にわざわざ高岡のキハ40を2両借りてきたことでしょうか。これまで高岡車キハ40系4両の運用で、キハ47に混じってキハ40が連結されていたことはありましたが、純粋にキハ40だけ、それも2両で編成が組成されたのは今までなかったと思います。撮影場所は、もっと良い場所があるのですが、移動の都合からここにしました。

Dsc_1255_01

2008.9.3 高山本線千里駅 848D(左) 851D(右)

 今回の注目だったのが、このキハ58系同士の交換です。これを撮影するため、キハ40の2連を千里駅に近いところで撮影したのでした。

Dsc_1262_01

2008.9.3 高山本線千里駅 848D(左) 851D(右)

 こうやってキハ58系同士が交換するのも、可能性があるのは米坂線だけでしょうか。この時のキハ58系の運用は、朝は2連で運用し、夕方の輸送のために4連に組成し直すという、1回で3度も美味しい運用でした。

Dsc_1269_01

2008.9.3 高山本線西富山~婦中鵜坂間 852D

 高山本線の富山口は速星まで貨物列車があるので、それが撮影できるところまで移動しました。ここは後ろのオーバークロスしている県道62号線から俯瞰するとモロに写り込んでしまうのですが、たまたま釣り人の車が止まっていたのでそこに隠れることにし、車も鉄橋下の写り込まないところに隠しました。この釣り人の車がなければ撮影しませんでした。

Dsc_1276_01

2008.9.3 高山本線西富山~婦中鵜坂間 1090レ

 キハ58系2連の続行で貨物が来ました。ちょっと国鉄色のDE10を期待したのですが、残念ながら更新色でした。ただ、全国的にDL牽引の貨物列車は縮小傾向なので、あまり贅沢を言ってられません。

 重ねて書きますが、ここは大抵、後ろの俯瞰ポイントにひとが居ますので、身を隠すものがなければ入らない方が賢明です。また、車両に電線がかかるので、俯瞰ポイントの方が良いのかもしれません。ただ、寸づまりになりやすくなる俯瞰ポイントよりも横がちに撮れるこのポイントの方が、個人的にDEは格好が良いと思うのですが・・・。

Dsc_1279

2008.9.3 高山本線西富山~婦中鵜坂間 853D

 西富山~富山間の俯瞰ポイント移動中に、たまたま踏切に引っかかりました。俯瞰ポイントで先ほどのキハ40の2連をやろうと思っていたのですが・・・。

Dsc_1298_01

2008.9.3 高山本線西富山~富山間 856D

 横位置で撮ったら思いっきり失敗しました・・・。やっぱり、このように縦でないとダメなようです。

Dsc_1309_01

2008.9.3 高山本線西富山~富山間 856D

 このキハ58系2両の越中八尾行きを撮ったときは薄日が差してきたのですが、残念ながら雨が降ってきてしまいました。高岡色のキハ58系はこの列車で一旦入区です。

Dsc_1320_01

2008.9.3 高山本線東八尾~笹津間 863D(後追い)

 高岡色のキハ58系を撮ったあとは、国鉄色のキハ58系を迎えに行きました。ポイントは先ほどキハ120系4連を撮った場所で、築堤を走る国鉄色キハ58系も撮ったは撮ったのですが見事にピンぼけ・・・。決まったのは後追いだけでした・・・。国鉄色のキハ58系もこの列車で一旦入区で、午前の部は終了といった感じです。

Dsc_1329_01

2008.9.3 高山本線速星~千里間 9920D

 午後一発目は、キハ65改造のエーデルシリーズからです。扉が1扉なので、臨時の快速列車に充当されていました。展望室まで満員にしていつもはやって来るのですが、今日は天気が天気なので、乗客も少ないようです。

Dsc_1334_01

2008.9.3 高山本線速星~千里間 869D

 エーデルと千里で交換してきたキハ120系4連です。朝撮ったのとは異なり、ラッピング車なしの綺麗な編成です。

Dsc_1340_01

2008.9.3 高山本線速星~千里間 1034D 「(ワイドビュー)ひだ14号」

 キハ120系4連が速星で交換してやって来たのが、キハ85系の特急「(ワイドビュー)ひだ14号」です。去年は復旧後のダイヤ改正が行われていなかったので、特急「(ワイドビュー)ひだ」の運転がありませんでした。所定3両編成のところ、1両増結の4両編成となっています。

Dsc_1344_01

2008.9.3 高山本線速星~千里間 9922D

 ひだの続行でキハ47の4連がやって来ました。今回はキハ47のみの4連とはならず、富山方にハットリくんのラッピングがされたキハ40を連結した編成となりました。

Dsc_1349_01_2

2008.9.3 高山本線速星~千里間 9921D

 1本目のエーデルが戻ってきました。頭が少し向こうなのは、ここでメディアが切れたから・・・。

Dsc_1354_01

2008.9.3 高山本線速星~千里間 9922D

 ちょっと場所を動きました。2本目のエーデルです。ちょっと、両脇が空きすぎな感じです。このときはエーデル同士の交換を撮らなかったのですが、どうもエーデル同士の交換はこの時が最後になるかもしれないようです・・・。

Dsc_1360_01

2008.9.3 高山本線速星~千里間 868D

 エーデル続行のキハ120系4連。エーデルの時よりずっとアップにしているのですが、キハ120って短いです・・・。

Dsc_1363

2008.9.3 高山本線速星~千里間 9923D(後追い)

 そしてキハ120系4連の短さに惑わされると、キハ65の5連は、うげ~っギリギリ・・・。やっぱり長い・・・。

Dsc_1370_01

2008.9.3 高山本線速星~千里間 9926D

 やっと、キハ47の4連2本目で丁度良く撮れました。ちなみに、1本目とは富山方のキハ40の隣のキハ47の向きが違います。

Dsc_1377_01

2008.9.3 高山本線越中八尾~東八尾間 9930D

 午後のメインディッシュ、キハ58系4連です。この時点では四国の定期運用でキハ58系の3連がありましたが、4連はなくなっていたので貴重なものとなりました。四国のキハ58系は全て引退してしまったので、4連となれるのはこの高岡車の4両だけなのですが、果たして来年も再現されるのでしょうか・・・。

Dsc_1383_01

2008.9.3 高山本線東八尾~笹津間 9930D

 キハ58系4連の折り返しは、神通川の橋梁を俯瞰するこのポイントにしました。まずは、鉄橋へのアプローチの築堤を行くところをおさえて、

Dsc_1393_01

2008.9.3 高山本線東八尾~笹津間 9930D

そして橋梁上を行くところをシュート。これだけの橋梁には、4連以上の編成が似合います。

Dsc_1405_01

2008.9.3 高山本線東八尾~笹津間 9934D

 越中八尾で交換してきたエーデルを、ここでやりました。PCの壁紙にするつもりで、少し左側を空け気味にしてみました。

 この後は、笹津でお風呂&夕飯タイムとしたのですが、つい長居し過ぎて・・・。

Dsc_1439_01

2008.9.3 高山本線笹津~楡原間 回9940D

キハ58系4連を、回送区間でしか撮影できませんでした・・・・。室内灯が全部落ちちゃっています・・・。

 夜間撮影も考えたのですが、流石に徹夜で運転してきていたので、撮影はここまでにしました。

 続きます。

« さよなら20代 | トップページ | おわら風の盆臨撮影記・2と大糸線撮影記 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197932/43457774

この記事へのトラックバック一覧です: おわら風の盆臨撮影記・1:

« さよなら20代 | トップページ | おわら風の盆臨撮影記・2と大糸線撮影記 »