« お役所仕事 | トップページ | 四国録音の旅・1(つづき) »

2008年6月28日 (土)

四国録音の旅・1

 ・・・大分前のことになってしまいましたが、仕事で四国に行ってきた時の記録です。

 音集めの仕事も佳境に入り、どうしても足りないということで四国取材の命が下りました。正直言って、録音は大学時代にやっていたものの専門外で、日数を多く貰って確実に行きたかったのをギリギリ日数に抑えられ、かつ行きがけの駄賃をやってこいという強行スケジュールでした。さらに、翌日、品川始発(6時00分発)の「のぞみ99号」に乗るって言っているのに、その晩にその晩中の原稿を書かせるなど、ドタバタで出かけて行ったのでした。・・・あぁあの時、電話に出るんじゃなかった・・・。

Dsc_6978

2008.5.8 京津線浜大津~上栄町間

 途中、立ち寄り箇所として、新幹線の駅から近く、音的にもそこそこ面白いと思われるという条件のなかで、選んだのは京津線の併用軌道区間でした。

 ここは、京都市交通局東西線に乗り入れる4両編成が、そのまま併用軌道区間を走る区間です。4両編成が併用軌道を走るのは全国でもここだけで、軌道運転規則では列車長は30m以下と定められており、特例区間となっています。

 琵琶湖から併用軌道上でもかなりの上り勾配となっていて、それを強調しようとアングルを下気味に構えたら、見事にパンタグラフがギリギリに・・・。D200のファインダー視野率の低さに助けられた格好になってしまいました。100パーセントのF5では切れていました・・・。

Dsc_6982

2008.5.8 京津線浜大津~上栄町間

 併用軌道はこの直線だけで、直ぐに曲がって専用軌道に入って行きます。元々が路面電車規格の電車が走っていた路線なので、カーブもかなりきつく、このため車体も外側に大きくはみ出して曲がって行きます。このため、夜間の接触事故を防ぐために、車体の角っこに認識灯が取り付けられているのが車両の特徴です。

 録音の方は、

 

こんな感じです。

Dsc_6988

2008.5.8 京津線浜大津~上栄町間

 上栄町から歩いて浜大津まで来ました。京津線と石山坂本線がここで合流しています。昔は下の道路から撮影した記憶があったのですが、変わってしまったのかもしれません。駅への歩道橋からの撮影です。

 この写真、ビルの上の空の部分にゴミが乗ってしまっていました。よく見ると、ゴミの形状から新幹線の録音をした時に撮影した写真に乗っているゴミと形状が一緒です。そのあとに撮影した磐越西線では何もなかったのに・・・・。不思議です。

Dsc_6998

2008.5.8 京津線浜大津~上栄町間

 ゴミはブロワーで吹き飛ばしました。

 ここで列車を観察していると、結構面白いです。

 この写真のように、石山坂本線の石山行きの電車が先に来ているのに、それを待たせて京津線の浜大津止まりの電車を先に入れたりします。

Dsc_7006

2008.5.8 石山坂本線浜大津~三井寺間

 京津線の電車を入れた後、石山坂本線の電車が入って行きます。丁度、坂本行きの電車と並びましたが、これ以上右に振れず(架線柱が入る)、すこし半端になってしまいました。

 一通り電車の観察を終え、ちゃんと録音もしました。

 

Dsc_7011

2008.5.8 比叡山鉄道比叡山鉄道線ケーブル坂本駅

 まだ新幹線まで時間があったので、坂本ケーブルまで足を伸ばしました。

Dsc_7012

2008.5.8 比叡山鉄道比叡山鉄道線ケーブル坂本駅 福号

 乗ったのは、2号車の福号でした。

 このケーブルカーは延長2025mと日本で一番長いケーブルカーで、途中、ほうらい丘駅ともたて山駅の2駅途中駅があります。通常はこの2駅は通過扱いなので、下車の際には事前に申告、途中乗車の際には駅にある電話機で申告が必要となります。

Dsc_7021

2008.5.8 比叡山鉄道比叡山鉄道線ほうらい丘~もたて山間(車内より) 縁号

 写真の通り、車両のパンタグラフは上がっていますが、架線はありません。

 架線はケーブル坂本駅とケーブル延暦寺駅の両駅構内のみで、それ以外は撤去。電源は車両のバッテリーとなっています。パンタグラフが上がったままなのはちょっと異様です。

Dsc_7027

2008.5.8 比叡山鉄道比叡山鉄道線ケーブル延暦寺駅

 ケーブル坂本駅、ケーブル延暦寺駅とも、昭和2(1927)3月15日の開業当初からの建物で、国の登録有形文化財に登録されています。駅前では遠足に来ていた生徒がお弁当を広げていました。

Dsc_7028

2008.5.8 ケーブル延暦寺駅駅前展望台より

 駅前の展望台からは、琵琶湖が一望できるそうなのですが、この時は霞んで視界はよくありませんでした。

 帰りの列車で録音をしました。

 

 あえてトンネル部分を入れて切り出してみました。

Dsc_7036

2008.5.8 湖西線西大津駅 2834M(左) 2835M(右)

 京都までの戻りは、石山坂本線皇子山駅下車、湖西線の西大津駅から向かいました。

 やって来たのは東京では見られなくなった115系。117系とタイミング良く並んでくれました。

 時刻表を持って行かなかったので、どんぶり勘定で動いていたのですが、なんと京都接続が2分・・・Σ(・∀・|||)ゲッ!!。ダッシュで弁当買って飛び乗ったのでした。

 続きます。

« お役所仕事 | トップページ | 四国録音の旅・1(つづき) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197932/41673038

この記事へのトラックバック一覧です: 四国録音の旅・1:

« お役所仕事 | トップページ | 四国録音の旅・1(つづき) »