« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

磐越西線撮影記

 C57 180牽引の「SLばんえつ物語号」は、平成11(1999)年4月29日の運行開始以降、毎年2回、春と冬に必ず同じグループで撮影に行くのですが、今年も運行が開始されたので撮影に行ってきました。

 今年は運行初日からゴールデンウィークまで門デフ、ヘッドマークなしということで、行きの車中は常に門デフの話題でした。まぁ、私以外、現役蒸気機関車を知る世代ですから・・・。

Dsc_6919

2008.4.26 磐越西線鹿瀬~日出谷間 8226レ

 まずはここから。もっと新津寄りから始めてもここのポイントは間に合うのですが、東京を早朝5時半過ぎに出るとあまり新津寄りに入れないので、毎回大体この辺りから始めています。今年の沿線の桜は一週間ほど早く、鹿瀬小学校の桜もこの時は散ってしまっており、この老木の桜が咲いてたことが決め手となりました。・・・この老木が桜だと、初めて気がつきました・・・。

Dsc_6930

2008.4.26 磐越西線上野尻~野沢間 8226レ

 追っかけて上野尻の先の田んぼのポイントへ。先ほどのポイントから追っかけをすると、いつも車を止めて直ぐに踏切が鳴ってしまいます。飯豊山バックのポイントですが、時間がなくて場所に入れなかったのと、天気が悪かったので流し撮りにしてみました。やっぱり、門デフは格好良いですね。

Dsc_6951

2008.4.26 磐越西線山都~喜多方間 8226レ

 お次は、勾配を駆け上がって行く一ノ戸川橋梁(山都の鉄橋)から慶徳トンネル間のこのポイント。この間はポイントが点在しているので、その時の応じて場所を決めていますが、今回は正面アップが撮りたかったのと、ついでに録音がしたかったのでここにしました。風が出てきたのですが、丁度、晴れ間が出てきてくれて、白煙が光ってなかなかの写真になってくれました。

 ちなみに音の方は、

こんな感じです。風のお陰で笹の葉が揺れる音が入ってしまいましたが、秩父鉄道のSLの音と比べて断然迫力が違います。SLの音は、秩父鉄道のをボツにしてこちらのを使いました。・・・交通費請求したろうかな・・・。

Dsc_6953 Dsc_6955

2006.4.26 磐越西線喜多方~山都間

 近年、磐越西線にSLを撮影に行った際、地元の方からはあまり良くない話を伺うことがあります。それは、一部の鉄道ファンのマナーの話です。その話は上の写真とは関係ない話ですが、一部に無法者がいることが残念でなりません。上の写真の場所は、喜多方を出て濁川の橋梁を渡るところ辺りを俯瞰するポイントで、看板から読み取ると、どうもSL通過後に山火事が発生したようです。鉄道ファンがわざわざ放火することなんてないでしょうから、煙草の火の不始末が原因だと思います。私は煙草を吸いませんが、吸う人は無意識に吸って、無意識にそのまま投げ捨てている輩が大半ですから、ありえない話ではないと思います。私はその投げ捨ての神経が理解できませんが、こうやってポイントがひとつずつ減っていってしまうことが残念でありません。

Dsc_6964

2008.4.26 磐越西線喜多方~山都間 8233レ

 折り返しは、この時期では慶徳トンネル前後位しか日がないので、慶徳トンネルまでの坂道を、ちょうど桜の木が一本だけ咲いていたので、これをバックにサイドから流し撮りをしました。この日の予報通り雨が降り出してしまい、SL通過時にはかなりの大粒の雨で濡れながらの撮影でした。でも決まってくれたので、満足して磐梯熱海で温泉に浸かって帰宅しました。

2008年5月30日 (金)

新幹線取材(録音)

 秩父鉄道の翌日に、新幹線の音が欲しいということで録音に行ってきました。

 編成が短いということと、駅周辺の開発が進んでいない(ノイズが少ない)ということで、近年開業した上越新幹線の本庄早稲田駅に行ってきました。

Dsc_6899

2008.4.13 上越新幹線本庄早稲田駅

 降りる人なんか殆どいないと思いきや、私の乗った列車では20人ほどの下車がありました。駅を撮るとそんな“なんにもない”感はないのですが、

Dsc_6904

2008.4.13 上越新幹線本庄早稲田駅

・・・駅正面からの風景はこうです・・・。

Dsc_6902

2008.4.13 上越新幹線本庄早稲田駅

・・・右にパーンするとこうです。いやいや、駅目の前にドブ川が流れているなんて、非常にレベルの高い駅です。手軽に“田舎”感覚を味わうには良い駅かもしれません。降りた瞬間にドブ臭がしたりしますから・・・。

 ただ、こう書き下しても意外に利用者は多いんですよ。やはり近くに早稲田大学のキャンパスがあるからなんでしょうかね。

 で、目的の録音の方はというと、

ほぼ、目的通り録音できました。ただ、上野方先端は脇に道路がある、高崎方先端は駅前の通りが迫ってくるという具合で、意外と車の騒音に邪魔されました。ちなみに、通過前後に入っている「シュ~~~」という音は、ホームで待避中の列車からの音(たしかE4系Max)で、通過して行く列車は原色に塗り戻された200系でした。カメラを構えていない時になぜ行っちゃうかなぁ・・・。

 前日の影響による筋肉痛でしんどい日でした・・。

秩父鉄道取材

 今の今まで、ひっぱりにひぱられてきた仕事が片付いたので、大分前になってしまいましたが出撃記録を。

 この仕事というのは詳しくは書けませんが、音を集めてくれというもので、時間を見つけて秩父鉄道に行ってきました。まだ、桜が咲いていた時期でした。

Dsc_6875 Dsc_6881 Dsc_6884

2008.4.12 秩父鉄道浦山口~武州中川間 5001レ

 録音がメインだったので、撮影機材を出す余裕があったのはこの時だけ。途中、桜が綺麗なところがいくつもあったのですが・・・。

ちなみに、メインの音の方はというと、

・・・秩父鉄道のSLのドラフト音って、こんなにショボかったっけな?って思うくらい迫力がありません(何回か録音した中でこれでもマシな方!)でした。普段、磐越西線のC57 180を見慣れている、聞き慣れているせいなのかもしれませんが。このほか色々と録音していたのですが、やっぱりSLのドラフト音のショボさが際だっていました。(泣)

Dsc_6885_1

2008.4.12 秩父鉄道和銅黒谷駅

 時期も時期だけに、移動手段はバイクを使いました。秩父鉄道沿線の国道140号線は、他に逃げ道がないため観光シーズンはもの凄く渋滞します。こういうときはバイクが重宝します。本音を言えば、ただバイクで走りに行きたい気分だったのですが。 ちなみに、バイクはYAMAHAの2003年モデルのYZF-R1です。

 この和銅黒谷駅は、近くに和同開珎に使用した和銅(精錬の必要のない自然銅)を産出したところがあり、黒谷の和銅が朝廷に献上されてから今年で1300年を迎える節目を記念して、平成20(2008)年4月1日より駅名を『黒谷駅』から『和銅黒谷駅』に改称したのだそうです。改称に際して駅舎をレトロ調に改装され、
Dsc_6891 Dsc_6892 Dsc_6894 Dsc_6895

2008.4.12 秩父鉄道和銅黒谷駅

↑こんな感じになっています。ただ気になるのが改札口と時刻表の書体で、小湊鐵道の駅のように手書きの時刻表に飾り付けのある改札口ならもっと良かったのですが、さすがにこれは望み過ぎなのかもしれません。全体的には非常に良い雰囲気でした。

 SLの音に関しては不満が残ったものの、久しぶりにバイクで出かけたのは満足でした。

・・・翌日は筋肉痛でしたが・・・・。

2008年5月17日 (土)

WinXP、SP3リリース

 ここのところ、色々色々色々色々色々色々色々色々色々色々色々色々色々色々忙しくて再び放置プレーしてしまったので、仕事を放置して更新・・・。

 一昨昨日、XPプロフェッショナルOSの2号機を終了させようとしたら、更新して終了の表示が。Windowsのアップデートはいつも手動でやっているので、終了するの止めて手動でアップデートしたら・・・

Hc026

SP3キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

 前々からSP3β板の噂があったので、そのうちにリリースされるとは思っていましたけど。つか、やっぱりVistaはダメって認めたことなんでしょうねぇ。

 使ってみた感想としては、以前と比べて安定性が増した様な気がします。MpegCraft2がよくフリーズしていたのがフリーズしなくなったり、WindowsMediaPlayerでRuntimeErrが出なくなりました。新しい機能とかはまだ確認していませんし、それによる不具合が今後出るのか、その辺は導入したばかりなので今後様子を見て行こうと思います。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »