« 奥羽本線(雄勝峠)特雪 | トップページ | 「信濃川」「小出銀嶺」試運転撮影記 »

2008年4月 3日 (木)

陸羽西線特雪

 奥羽本線(雄勝峠)特雪から続いています。

 ファミレスで鋭気を養ったあとは、その日の夜に陸羽西線で特雪が走るので、ロケハンして撮影に備えました。ちなみに、2月19日の米坂線の撮影からロクに寝ていません・・・。

Dsc_6442

2008.2.21 陸羽西線清川駅 回雪693レ

 日が変わって21日となりました。疲れはMAXなのですが、根性で撮影しています。普通なら三脚を据えるところなのですが、なんかそれなりの人出で面倒臭くなって、奥羽本線(山形新幹線)の特雪から三脚を据えて撮影していません。

 到着して直ぐに前照灯滅灯、尾灯点灯となりました。

Dsc_6465

2008.2.21 陸羽西線清川~高屋間 特雪692レ

 高屋駅西側の跨線橋から。ロケハンしたなかで一番撮影したかったポイントだったので、真っ先に場所を確保していました。三脚を据えておこうかと迷いましたが、立ち位置が意外と少ないので、三脚なしでがんばりました。

Dsc_6472

2008.2.21 陸羽西線高屋駅 特雪692レ

 跨線橋より後追い。この日は、時より吹雪くという生憎の天気で、雪を被らないはずのDE10の前面にも雪が着いています。ちなみに、この跨線橋は壁と屋根があるので、吹雪かれても楽に列車を待つことが出来ます。

Dsc_6481

2008.2.21 陸羽西線高屋~古口間 特雪692レ

 同じ跨線橋から、さらに望遠で後追い。トンネル進入前に投雪ダクトを右から左に振った瞬間です。最初のカットのように、ブレを押さえ込んだカットは残念ながらなく、若干甘くなってしまっています。

Dsc_6483

2008.2.21 陸羽西線高屋~古口間 特雪692レ

 沓喰トンネル進入手前のポイント。下から見上げて撮影。判りにくいですが、雪は前照灯を横切ってこちら側、進行方向左側に投雪しています。

 この写真で気がついたのですが、機関室に灯りが点っているのですね。

Dsc_6492 Dsc_6494_1

2008.2.21 陸羽西線高屋~古口間 特雪692レ

 最上川沿い行く有名ポイントの逆アングルとなります。

 国道と並走しているものの、街灯が少ないのでDD14の前照灯と補助灯が唯一の灯りです。シャッターは1/15secでがんばっていますが、風が強くてブレないように押さえ込むのがひと苦労です。…若干甘めです。

Dsc_6508

2008.2.21 陸羽西線高屋~古口間 特雪692レ

 古口駅近くの跨線橋より。ここには街灯があるため、左側の色カブりはそのためです。このときは猛吹雪となっていました。

Dsc_6534

2008.2.21 陸羽西線古口駅 特雪692レ

 古口駅停車。 駅進入の際も作業を行いながら進入し、構内も作業をします。しばらく停車するのは、乗務員のトイレ休憩のようです。

Dsc_6542

2008.2.21 陸羽西線古口駅 特雪692レ

 ここまで作業を間近に見られるのも、駅構内だからこそです。積み上げられた雪山の雪が堅いのか時々止まってしまい、その都度、DE10のDML61Zの咆吼が深夜の古口駅構内に響き渡っていました。もちろん、DD14のDMF31SB-Rが2基、ロータリー駆動のために定格回転いっぱいブン回っているサウンドも、内燃機関ファンの私にはたまらないものがあります。

 ホーム先端の雪山より撮影。

Dsc_6544

2008.2.21 陸羽西線古口駅 特雪692レ

 一旦、投雪口はこちら側に向きました。

Dsc_6546

2008.2.21 陸羽西線古口駅 特雪692レ

 しかし、ホームを抜けると左翼も開いたのは良かったのですが、投雪口は向こう側となってしました。このまま作業を続けて行くようです。

Dsc_6556

2008.2.21 陸羽西線古口~津谷間 特雪692レ

 古口を過ぎると雪の量は大分減ります。本来なら作業が必要のない程度と思われますが、ちゃんと作業して来てくれました。

Dsc_6562

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間

 そして、ロケハンで目星を付けていたのがこのポイント。到着したら、突然、雲が晴れて真ん丸のお月さまが出てきました。月明かりのみで撮影。もちろん、三脚は据えています。

Dsc_6575

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間 特雪692レ

 月を入れようかどうかだいぶ迷いましたが、引き絵になりすぎるので結局は止めました。先ほどのカットは露出を2.5sec位かけているのですが、流石に被写体ブレになるので1/15secに戻したのですが、背景が真っ黒になってしまいました・・・。

Dsc_6576

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間 特雪692レ

 アングルを縦から横に変更して列車をアップ。背後の灯りは津谷駅の灯りです。

Dsc_6578

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間 特雪692レ

 小さな鉄橋があるので、そこを渡って再び翼を広げたところでもう1カット。

Dsc_6581

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間 特雪692レ

 そして、津谷駅を外してもう1カット。決まりました。

Dsc_6591 Dsc_6599

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間 特雪692レ

 三脚からカメラを外し、レンズを標準にして後追いを頂きました。

 この晩は、奥羽本線(山形新幹線)板谷峠でDD19が19~20日の下り線の作業に続いて上り線の作業を行っていると言うことで、ここで切り上げて板谷峠に向かいました。これもあの時に回送列車をしくじったからなのですが、さすがに連日の徹夜で体力が残っている訳もなく、途中の国道で撃沈。結局間に合いませんでした。

 なお、仙台支社の308号機は、この陸羽西線での運転が最終運転なのだそうで、5~6月頃に新型モーターカーが導入されるのだそうす。来シーズンは、いったい何台のDD14が残っているのでしょうか?

 このあと、米坂線のラッセルを撮影(ピンぼけで撃沈)、大峠経由で西那須野から高速に乗って帰りました。今回は無理、無茶をしました・・・。

« 奥羽本線(雄勝峠)特雪 | トップページ | 「信濃川」「小出銀嶺」試運転撮影記 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197932/40749583

この記事へのトラックバック一覧です: 陸羽西線特雪:

« 奥羽本線(雄勝峠)特雪 | トップページ | 「信濃川」「小出銀嶺」試運転撮影記 »