« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月 4日 (金)

「信濃川」「小出銀嶺」試運転撮影記

 DD14も今シーズンで引退となる車両があるようで、そのためなのかどうか知りませんが、上越線全通77周年記念イベントとしてDD14を使用した列車が、3月28日に長岡→高崎間に「信濃川」、3月29日に高崎→長岡間に「小出銀嶺」のそれぞれ運転が行われるため、25日にDD14重連牽引となる新津~水上間(本番では新津~長岡間回送)で試運転が行われると言うことで、撮影に出撃してきました。

Dsc_6618

2008.3.25 上越線岩原スキー場前~越後中里間 試9722レ

 北堀之内~越後堀之内間でも一発撮影してきたのですが、時間がなくてポジのみの撮影。高速で追い抜いた二発目は、上越線で有名なこのポイントにしました。

 実はアウトカーブからの撮影が苦手で、折角のDD14重連なのに列車が巻きすぎて判らなくなってしまいました・・・ちょっと残念。しかし、ロータリーヘッドを装備している姿しかみたことがないので、こうやって取り外した姿は新鮮というか、間抜け面というか、そもそも何かが間違っているいうか・・・。

 ついでに走行音も録音してみました。 からどうぞ。

Dsc_6631

2008.3.25 上越線越後中里岩原スキー場前

 折り返し列車は、岩原スキー場バックのこのポイントにしました。待っている間に、奇しくもDD14を追い出す元となった“Bigロモ”が走って行きました。

 おそらく除雪体制解除で、どこかに回送されているのだと思うのですが、車籍のないモーターカーが日中堂々と本線を走行していって良いものなんですかね?この辺の取り扱いに興味がありますね。どういう扱いなんでしょう。

Dsc_6639

2008.3.25 上越線越後中里岩原スキー場前 試9727レ

 一発目の北堀之内~越後堀之内間のポイントでは勘定を間違えて編成が切れてしまったのですが、今回は少し広めにしたのが大正解でした。ほぼぴったり。 機関車の後ろに建物の屋根があるのですが、これも上手く隠れてくれました。

 しかし、客車を牽引するDD14は違和感がありますね。

Dsc_6654

2008.3.25 上越線越後堀之内~北堀之内間 試9727レ

 復路はダイヤに余裕があったので、六日町辺りでもう一発くらい撮影できたのですが、あまり無理をしないでこの俯瞰ポイントに来てしまいました。最初は殆ど誰もいなかったのですが、列車が来る直前でかなりの人数に膨れあがっていました。ここは俯瞰のほかに、下の田んぼからも撮影できます。視野率の関係から左下に若干写り込んでいますよね。

 しかし、当初の予報に反してずっと晴天で、山並みが本当に美しかったです。

 このあとさらに高速で追いかけて、信越本線の帯織~東光寺間でサイドから流し撮りをして終了。ポジで撮影のため画像はありません。直後から曇り始め、この日は本当についていました。

 ・・・帰り道、外環で追突されるオチはありましたが。

2008年4月 3日 (木)

陸羽西線特雪

 奥羽本線(雄勝峠)特雪から続いています。

 ファミレスで鋭気を養ったあとは、その日の夜に陸羽西線で特雪が走るので、ロケハンして撮影に備えました。ちなみに、2月19日の米坂線の撮影からロクに寝ていません・・・。

Dsc_6442

2008.2.21 陸羽西線清川駅 回雪693レ

 日が変わって21日となりました。疲れはMAXなのですが、根性で撮影しています。普通なら三脚を据えるところなのですが、なんかそれなりの人出で面倒臭くなって、奥羽本線(山形新幹線)の特雪から三脚を据えて撮影していません。

 到着して直ぐに前照灯滅灯、尾灯点灯となりました。

Dsc_6465

2008.2.21 陸羽西線清川~高屋間 特雪692レ

 高屋駅西側の跨線橋から。ロケハンしたなかで一番撮影したかったポイントだったので、真っ先に場所を確保していました。三脚を据えておこうかと迷いましたが、立ち位置が意外と少ないので、三脚なしでがんばりました。

Dsc_6472

2008.2.21 陸羽西線高屋駅 特雪692レ

 跨線橋より後追い。この日は、時より吹雪くという生憎の天気で、雪を被らないはずのDE10の前面にも雪が着いています。ちなみに、この跨線橋は壁と屋根があるので、吹雪かれても楽に列車を待つことが出来ます。

Dsc_6481

2008.2.21 陸羽西線高屋~古口間 特雪692レ

 同じ跨線橋から、さらに望遠で後追い。トンネル進入前に投雪ダクトを右から左に振った瞬間です。最初のカットのように、ブレを押さえ込んだカットは残念ながらなく、若干甘くなってしまっています。

Dsc_6483

2008.2.21 陸羽西線高屋~古口間 特雪692レ

 沓喰トンネル進入手前のポイント。下から見上げて撮影。判りにくいですが、雪は前照灯を横切ってこちら側、進行方向左側に投雪しています。

 この写真で気がついたのですが、機関室に灯りが点っているのですね。

Dsc_6492 Dsc_6494_1

2008.2.21 陸羽西線高屋~古口間 特雪692レ

 最上川沿い行く有名ポイントの逆アングルとなります。

 国道と並走しているものの、街灯が少ないのでDD14の前照灯と補助灯が唯一の灯りです。シャッターは1/15secでがんばっていますが、風が強くてブレないように押さえ込むのがひと苦労です。…若干甘めです。

Dsc_6508

2008.2.21 陸羽西線高屋~古口間 特雪692レ

 古口駅近くの跨線橋より。ここには街灯があるため、左側の色カブりはそのためです。このときは猛吹雪となっていました。

Dsc_6534

2008.2.21 陸羽西線古口駅 特雪692レ

 古口駅停車。 駅進入の際も作業を行いながら進入し、構内も作業をします。しばらく停車するのは、乗務員のトイレ休憩のようです。

Dsc_6542

2008.2.21 陸羽西線古口駅 特雪692レ

 ここまで作業を間近に見られるのも、駅構内だからこそです。積み上げられた雪山の雪が堅いのか時々止まってしまい、その都度、DE10のDML61Zの咆吼が深夜の古口駅構内に響き渡っていました。もちろん、DD14のDMF31SB-Rが2基、ロータリー駆動のために定格回転いっぱいブン回っているサウンドも、内燃機関ファンの私にはたまらないものがあります。

 ホーム先端の雪山より撮影。

Dsc_6544

2008.2.21 陸羽西線古口駅 特雪692レ

 一旦、投雪口はこちら側に向きました。

Dsc_6546

2008.2.21 陸羽西線古口駅 特雪692レ

 しかし、ホームを抜けると左翼も開いたのは良かったのですが、投雪口は向こう側となってしました。このまま作業を続けて行くようです。

Dsc_6556

2008.2.21 陸羽西線古口~津谷間 特雪692レ

 古口を過ぎると雪の量は大分減ります。本来なら作業が必要のない程度と思われますが、ちゃんと作業して来てくれました。

Dsc_6562

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間

 そして、ロケハンで目星を付けていたのがこのポイント。到着したら、突然、雲が晴れて真ん丸のお月さまが出てきました。月明かりのみで撮影。もちろん、三脚は据えています。

Dsc_6575

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間 特雪692レ

 月を入れようかどうかだいぶ迷いましたが、引き絵になりすぎるので結局は止めました。先ほどのカットは露出を2.5sec位かけているのですが、流石に被写体ブレになるので1/15secに戻したのですが、背景が真っ黒になってしまいました・・・。

Dsc_6576

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間 特雪692レ

 アングルを縦から横に変更して列車をアップ。背後の灯りは津谷駅の灯りです。

Dsc_6578

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間 特雪692レ

 小さな鉄橋があるので、そこを渡って再び翼を広げたところでもう1カット。

Dsc_6581

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間 特雪692レ

 そして、津谷駅を外してもう1カット。決まりました。

Dsc_6591 Dsc_6599

2008.2.21 陸羽西線津谷~羽前前波間 特雪692レ

 三脚からカメラを外し、レンズを標準にして後追いを頂きました。

 この晩は、奥羽本線(山形新幹線)板谷峠でDD19が19~20日の下り線の作業に続いて上り線の作業を行っていると言うことで、ここで切り上げて板谷峠に向かいました。これもあの時に回送列車をしくじったからなのですが、さすがに連日の徹夜で体力が残っている訳もなく、途中の国道で撃沈。結局間に合いませんでした。

 なお、仙台支社の308号機は、この陸羽西線での運転が最終運転なのだそうで、5~6月頃に新型モーターカーが導入されるのだそうす。来シーズンは、いったい何台のDD14が残っているのでしょうか?

 このあと、米坂線のラッセルを撮影(ピンぼけで撃沈)、大峠経由で西那須野から高速に乗って帰りました。今回は無理、無茶をしました・・・。

奥羽本線(雄勝峠)特雪

 奥羽本線(山形新幹線)特雪から続いています。

 DD19の特雪を朝まで撮影したこの日は、かつて道路除雪車とDD14が併走して除雪作業を行った院内~及位間を含む雄勝峠の特雪があるということで、寝ずに車を北進させました。

 本来なら、回送列車を上手く撮影出来たなら庭坂駅に寄らずにそのまま休み休み向かうつもりで居たのですが、これを失敗して庭坂駅発車まで撮影してしまったので、間に合うかどうか微妙な時間となってしまいました。

 高速道路を使うことも検討したのですが、寝ていないなかで高速道路の単調な道路を走ったら間違いなく居眠りをするであろうと思ったので、ここは安全第一に下道で行くことにしました。最悪、道路脇に車を止めてしまえば良い訳ですから。

Dsc_6392

2008.2.20 奥羽本線院内~及位間 特雪674レ

 間に合いました。といっても、間もなく及位駅というところですから、今回のハイライトという場所には間に合いませんでした。ちなみに、道路除雪車との併走はもう3年ほど前から行っておらず、さらにこの区間は夜間作業となっていたのですが、今年は昼間になったようです。

Dsc_6405

2008.2.20 奥羽本線院内~及位間 特雪674レ

 ここではトンネル出て直ぐのところしか作業せず、そのまま及位駅に入ってしまいました。

Dsc_6423

2008.2.20 奥羽本線及位駅

 及位駅は、山側の線に入ってしまったので形式写真が撮れず、スナップのみ。現在、在籍しているDD14のなかで、305号機が一番若番となります。汽車会社自体、会社がありません(川崎重工業が吸収合併)し。

Dsc_6432

2008.2.20 奥羽本線及位~院内間 回特雪673レ

 そして、回送を撮影して終了しました。 このあと、昼食をファミレスでとって鋭気を養いました。

 来シーズンは305号機があるのでしょうか。

 まだ続きます。

2008年4月 1日 (火)

今日から新年度

 今日は平成20年度の年度始まり。それぞれ新しい道の第一歩を踏み出した方々が多いなか、私は相も変わらずの生活を1年間続けることになるのでしょうか。

 実はいろいろと思うことはあるのです。やはり望んでそう簡単に入り込める業界ではないので、そう簡単に諦めてはならない、いや、もうそんなことをしている年齢ではないのでは、キチンと家庭(そのまえに彼女か・・・)をもてる安定した職業に転職すべきなのでは等々・・・。

 “四月バカ” 確かになんか叫びたいですね。

 前置きはこの位にして、ここのところ〆切りに追われる日々で、いつの間にか桜が咲いてしまっていて、丁度、満開で天気が良いとくればカメラを持って出ない訳にはいかない訳で・・・。〆切りをおいといてちょっとスナップしてきました。

Dsc_6663

2008.4.1 中央線荻窪~阿佐ヶ谷間(阿佐ヶ谷駅ホームより) 2003M 

 まずは朝の部。中央線を走る「成田エクスプレス」のなかで唯一撮影できるのがこの高尾発の「成田エクスプレス3号」。阿佐ヶ谷を6時24分頃(平日)通過しますが、日の出が早くなってきたので撮影できるようになってきました。

 若干下気味なのは快速線の閉塞信号機があるためで、上に振ると入ってしまうからです。

Dsc_6670

2008.4.1 中央線中野~東中野間(各駅停車車内より) 

 桜で有名な中野~東中野間を各駅停車の車内より撮影。一応流してみたものの、あまり効果なくブレが気になる始末・・・。

Dsc_6703

2008.4.1 中央線東中野~中野間 

 そして午後の部。209系500番代も、京葉線201系置き換えに持って行かれそうなので、こういうときの記録も大事かと。

Dsc_6731

2008.4.1 中央線東中野~中野間 

 間もなく引退する201系が撮れればと思ってみたものの、駅降りて直ぐに目撃してしまった以降、結局はその姿を見ることが出来ませんでした。いつの間にかここまで激減してしまったのですね。16時頃にいつも183・189系9両編成の回送を見かけていたのですが、これも来ませんでした。ダイヤ改正で時間が変わったのか、それとも臨時をよく見かけていたのか・・・。

 16時頃では側面に日がありません。

Dsc_6763

2008.4.1 中央線東中野~中野間 

 日が正面を向いてしまったので、跨線橋から数カット撮影してから帰りました。平日にもかかわらずそれなりの人出でした。陰は全員、撮影者です。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »