« 雪の中央線 | トップページ | …原稿が進まないので… »

2008年2月15日 (金)

米坂特雪2

 先日の米坂特雪の作業時間が短かったこともあり、2月4日にまた特雪がでました。前回は1131Dが27分落としであったことから作業時間があまりなかったのですが、今回は1131Dを運休にしたので、作業時間を確保しての運転でした。

Dsc_5351 Dsc_5356

2008.2.4 米坂線伊佐領~羽前沼沢間 雪220レ 

 まずはお約束の雪220レから。この日は降雪はなかったのですが、雪列車の運転はありました。

Dsc_5399

2008.2.4 米坂線萩生~今泉間 雪220レ 

 間瀬橋ではピン甘で撃沈。前回撃沈したこのポイントは、霧が立ちこめてしまって視界不良となってしまいましたが、そのお陰でちょっと幻想的な写真となりました。

 返しの雪221レはポジで撮影。

Dsc_5422Dsc_5423

2008.2.4 米坂線越後金丸~小国間 雪9622レ

 前回がドスカばっかりだったので、絶対作業をするところを撮影しようということで、雪221レはあまり追わず、越後金丸の雪221レと雪9622レの交換もやめてこの場所を選択。除雪されているところに車を止めて、かんじきを履いて雪原を歩いてこのポジションに立っています。なので、場所の特定は避けます。

Dsc_5438 Dsc_5441

2008.2.4 米坂線伊佐領~羽前沼沢間 雪9622レ

 今回は、前回全然俯瞰できなかたので、天気が比較的マシだったので俯瞰中心に行くことにしました。ここも、車からかんじきを履いて山道をガシガシ上がって行くので、場所の特定は避けさせていただきます。

Dsc_5450 Dsc_5453

2008.2.4 米坂線羽前沼沢~手ノ子間 雪9622レ

 そしてもう一発俯瞰。途中あまり作業しなかったのか、着いたらもう来てしまいました。なんとかギリギリ⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!

 とりあえず、当初目的は達成できました。

Dsc_5472 Dsc_5476 Dsc_5481

2008.2.4 米坂線手ノ子~羽前椿間 雪9622レ

 こういうカットはみんな同じになってどの路線なのか判らないカットになってしまうのですが、やっぱり身近に作業が見られるのは楽しいものです。速度が遅いので、ズームを使えば何カットもいけます。ここもかんじきガシガシポイントなので、場所の特定を避けさせていただきます。

Dsc_5497_2

2008.2.4 米坂線萩生~今泉間(今泉駅) 雪9622レ

 最後は今泉駅進入でしめました。列車が来るまで20分以上待ったのですが、何処で抜いて来たのだろうか・・・。

Dsc_5503

2008.2.4 米坂線今泉駅 雪9622レ

 本来なら、翼の鎖状は今泉駅についてから行っているはずなのですが、途中駅で行ってきたようです。

Dsc_5507

2008.2.4 米坂線今泉駅 雪9622レ

 今回はこれにて終了。人間と車に燃料補給し、温泉に浸かって帰りました。前回の消化不良を解消した良い気分の撮影行でした。

« 雪の中央線 | トップページ | …原稿が進まないので… »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197932/40135715

この記事へのトラックバック一覧です: 米坂特雪2:

« 雪の中央線 | トップページ | …原稿が進まないので… »