« 小坂鉄道撮影キ・1 | トップページ | 小坂鉄道撮影キ・3 »

2008年1月14日 (月)

小坂鉄道撮影キ・2

 小坂鉄道撮影キの続きです。

Dsc_4595

2008.1.4 花輪線沢尻~十二所間 923D

 盛岡車両センターのキハ58・52が引退した今、花輪線で最後までキハ58・28で残った列車が、この急行「よねしろ」崩れの秋田行き923D~3936Dです。この列車のみ車両の受け持ちが秋田車両センターであったため、急行「よねしろ」で使用したキハ58・28がそのまま使用されていますが、これも今年3月のダイヤ改正で花輪線区間はキハ110系、奥羽本線区間は701系に置き換えが決定(→詳細は盛岡支社HP参照)してしまいました。この快走も残り僅かです。2008年はこのキハ58・28の3連から始まりました。

 ※ポジ撮影のため写真がありません。(スキャンしていません)

2008.1.4 奥羽本線白沢~陣馬間 2021レ

 「よねしろ」崩れを撮影したあとは「あけぼの」撮影のため、白沢~陣馬間へ転戦。国道103号・7号バイパス経由で向かえば余裕で現場着。この日は、機関車故障による機関車の返却回送があったため、パンタグラフが上がっていないものの重連(非動力の場合は“重連”とは言わないと思うが…)となったため、それなりの人出となりました。薄曇りだったのに、列車が来た直前に日が差して露出オーバーで撃沈。仕上がったポジは飛び気味で、なぜかピンも甘い…。

 この後、小坂鉄道に転戦してモーターカーを撮影したのは昨日のエントリーの通りです。

 ※ポジ撮影のため写真がありません。(スキャンしていません)

2008.1.4 小坂鉄道小坂~茂内間 52レ

 今日の貨物列車は2往復とも3重連と聞いていたので、小坂鉄道の定番ポイントへ。先客が多かったので、下から線路脇に直登して線路脇に入り込みました。ちょっと変わったアングルになると思ったのですが、3重連が判るように撮ると貨車があまり入らず、引きつけると直線で3重連が判りにくく、こういうカットが1カットあっても良いかな程度の感じで・・・。やっぱり上から俯瞰するのが正解だったかな。

Dsc_4619

2008.1.5 小坂鉄道茂内~大館間 52レ

 無難に追っかけて、茂内の先の旧道と新道との合流付近の直線へ転戦。リンク先のマピオンの地図、新道の位置が間違っています!!撮影ポイントは+印で間違いないです。余裕もって構えていたら、列車が来る直線に追っかけ組に目の前に入られた+地元車で遭えなく撃沈。地元車は仕方がないとして、レールマガジンに載ったせいか節操のない輩が多くて苛立つ。ビデオを回している方がいたのに、つい声が出てしまった。その声が山彦になって・・・(あとで、別の仲間に「吼えたでしょ?」って云われてしまった・・・)。ビデオの方すいませんでした。ここは再履修として次へ向かう。(写真は再履修として撮影した翌日の52レ)

Dsc_4626

2008.1.4 小坂鉄道茂内~大館間 52レ

 また無難に抜いて、モーターカーを撮った大館樹海ドームバックのこのポイントへ。D200に28~70mmを付けていたので広角側が足りずに尻切れに・・・。

Dsc_4700

2008.1.4 小坂鉄道茂内駅

 折り返しの51レは茂内通過なので、もちろん通過タブレットを拝みに茂内駅へ。駅長に許可をもらってホームへ。この時間だと正面からではモロ逆光なので、タブレット受け器を下から煽るアングルで構える。

Dsc_4637

2008.1.4 小坂鉄道茂内駅 51レ

 “下から覗く”ようなカッコだったので、一緒にいた鉄ちゃんたちとエロエロしい話で盛り上がっていた。まぁ、バカバカしくて楽しくていいのですが。(笑)

Dsc_4661_2

2008.1.4 小坂鉄道小坂~茂内間 54レ

 午後の54レは、高速道路近くのトンネル上からの俯瞰か、篭谷の直線で悩んだ末、光線条件の良さそうな篭谷の直線へ。デジと銀塩を同時回ししたら、デジの方が少しシャッターを離すのが早かったようで・・・。

Dsc_4662

2008.1.4 小坂鉄道小坂~茂内間 54レ

後追いも若干タイミングが遅かったようで、3重連なのに機関車が2両分しか写っていない・・・。これはこれでいっか。

Dsc_4673

2008.1.4 小坂鉄道茂内~大館間 54レ

 また無難に追っかけて、選んだのはここ。

何回か通った時に、日が当たらないけど木についた雪が綺麗だと思っていたので、日陰承知で構える。別に特段良い場所でもないのに追っかけ組が、構えているところを見て後から後からわらわらと・・・。・・・自主性がないのですかねぇ・・・(翌日は誰もいなかった)。

Dsc_4686

2008.1.4 小坂鉄道茂内~大館間 54レ

 またまた、普通に走っていたら追いついてしまった。だいぶ茂内寄りで撮影したせいもあるかもしれないが。日が傾いて来ていて日陰がだいぶ出てきてしまった。日が当たるところを見つけて構えるが・・・・、来る直前にどうして曇るのかなぁ・・・。

Dsc_4701

2008.1.4 小坂鉄道茂内駅

 折り返し53レもやっぱり通過タブレット狙いで茂内駅へ。

非常に大人げないクソ親父と、列車が来る5分前に来たとても雪国に来たと思えない格好をしたバカ息子のお陰様で不愉快極まる思いをし、不快指数は夏の東京のそれを上回っていたが、西日に照らされたタブレット受け器を見て心を落ち着ける。

Dsc_4717

Dsc_4719

Dsc_4720

Dsc_4721

2008.1.4 小坂鉄道茂内駅 (4枚とも)

何度このシーンを見ても良いですよね。

Dsc_4726

2008.1.4 小坂鉄道茂内駅

内燃機関派の私には、再加速シーンもたまりません!

Dsc_4734

2008.1.4 小坂鉄道茂内駅

珍しい通過信号のある腕木式信号機を見学して、早々に宿に向かいました。

続きます

« 小坂鉄道撮影キ・1 | トップページ | 小坂鉄道撮影キ・3 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197932/17696574

この記事へのトラックバック一覧です: 小坂鉄道撮影キ・2:

« 小坂鉄道撮影キ・1 | トップページ | 小坂鉄道撮影キ・3 »