« 訂正 | トップページ | 今年も誕生日を迎えてしまいました »

2007年11月22日 (木)

R1車検

20も後半になって乗り始めた単車。
購入後初の車検となったので、もちろんユーザー車検で通してきました。
ひとりでは不安なので、バイク整備士の兄に同行して貰って多摩の車検場へ。
登録は練馬なのですが、継続車検はどこの車検場でも問題なく、兄が普段行っていて勝手が分かっている車検場を選んだだけで、特に多摩の車検場だからという意味はなし。
車検自体は、4輪で2回ほどユーザー車検で通しているので勝手は大凡把握はしていたのですが・・・

・・・予約を忘れていた・・・

いや、4輪を通した品川ではHP上では予約の案内がなく、予約なしで特に問題はなかったのでてっきり予約なんて制度自体がなくなったものと理解してしまっていたのですが、どうもそんなことはないようで、予約が少なかったこともあり大目に見て貰えました。
次回は注意しなければいけないですね。

必要書類を揃え、検査ラインを通して問題だったのがリフレクターの面積だけ。
これはフェンダレス化しているために純正のリフレクターがなく、代わりにナンバーフレームに張り付けていたリフレクターが、基準の10平方センチメートル以上を大幅に下回っていた(半分しかなかった)ためで、適当にリフレクターを調達して張り付けて問題く終了。

こうやってあっさり書くと簡単そうに見えるのですが、実際、要点さえ押さえれば簡単です。
まず、流れを掴むために一回ひとのを見学しておくのが一番でしょう。
そこで何をするのか、どこが停止位置でどこに機械に合図を送るペダルがあるのか等々。あと、前照灯が2灯の場合、光軸検査は左右検査するため遮光するものが必要で、さらにひとりの場合はバイクを支えながら遮光しなくてはならないのがちょっと大変です。私のR1は2灯なので今回は兄にサポートとしてもらったので、誰かのサポートがあったほうがいいですね。
ちなみに、光軸が狂いやすい(更に、検査場で機械の個体差もあるらしい・・・。)ので一番の懸案だったのですが、今回は問題なく拝借してきた整備マニュアルと工具の出番はありませんでした。

そうそう、検査場内は公道ではないので、バイク置き場から検査ラインまではノーヘル2ケツ!!
ノーヘルの爽快感をちょびっと味わいました。

全然話が変わるのですが、この多摩の車検場のお隣が東京入国管理局なんですね・・・。

兄弟、初めてバイク2台で出かけた秋空の綺麗な一日でした。

« 訂正 | トップページ | 今年も誕生日を迎えてしまいました »

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197932/17148932

この記事へのトラックバック一覧です: R1車検:

« 訂正 | トップページ | 今年も誕生日を迎えてしまいました »